地位と主な役割

HOME > 諮問委員 > 地位と主な役割

地位
  • 諮問委員は無報酬の名誉職で、国と民族の利益と平和統一の実現のために奉仕します。
  • 諮問委員としての品位を維持し、職位を乱用した請託や利益活動は禁じられています。
  • 国民統合と統一基盤形成活動に大きく貢献するなど、活動実績の優れた諮問委員には、政府から勲章・褒章や議長表彰が授与されます。
  • 事務処が発行する機関紙「統一時代」や、各種の南北懸案解説資料、その他の統一関連資料などが随時提供されます。
主な役割
  • 諮問委員は、民主平和統一諮問会議に与えられた機能と役割を果たさなければならない責務を持っています。
    - 諮問委員は、全体会議や地域会議などの法定会議に出席しなければなりません。
    - 諮問委員は、所属の地域会議・協議会が行う多様な統一事業に参加し、積極的な活動を展開することになります。
  • 諮問委員の活動範囲
  • - 統一政策に対する国民的合意形成と認識共有活動
  • - 対北政策と南北関係、北韓の情勢に関する理解を広める活動
  • - 諮問・建議のための統一意見の収集
  • - 統一後継世代の育成
  • - 統一基盤形成のための統一文化事業
  • - 南北関係の発展に向けた南北交流協力事業
  • - 国民統合活動
★ ご覧になった情報に満足ですか。