首席副議長プロフィール

HOME > 構成と運営 > 首席副議長プロフィール

  • 議長は出身地域と職能を考慮し、委員の中から首席副議長を含む25人以内の副議長を任命します。
  • 首席副議長は議長の職務を代行し、運営委員会と常任委員会の委員長を兼任します。
  • 副議長は17市・道、以北5道、海外(日本、中国、ASEAN、米州、欧州)各地で活動しており、女性副議長もいます。

民主平和統一諮問会議首席副議長プロフィール
キム・ドクリョン (金 德 龍、 Kim Deog-ryong)
  • 氏名キム・ドクリョン ( 金 德 龍、 Kim Deog-ryong)
  • 出身1941年生まれ (全羅北道益山)

学歴

  • - 景福高等学校卒業
  • - ソウル大学校文理科大学社会学科専攻
  • - 米国ポートランド州立大学名誉人文学博士
  • - 国立釜慶大学名誉政治学博士

主要経歴

  • 2017 ~(社)金泳三民主センター理事長
  • 2016 ~大韓民国韓屋博覧会組織委員長、

     国際コーヒー機関(ICO)加入及びロンドン本部韓国誘致委員会委員長

  • 2014~市民が作る憲法運動本部常任共同代表
  • 2013~民主と平和のための国民同行常任共同代表
  • 2011 ~ 2013(社)キョレ(民族)の森共同代表
  • 2008 ~ 2011大統領国民統合特別補佐官
  • 2006 ~ 2010(社)韓国経営・技術コンサルタント協会会長
  • 2005 ~ 2008韓・中議院外交協議会会長
  • 2005 ~ 2013民族和解協力汎国民協議会代表常任議長
  • 2005 ~キョレマル(民族語)大辞典南北共同編纂事業会後援会会長
  • 2005ハンナラ党、北朝鮮核対策特別委員会委員長
  • 2004 ~ 2005第17代国会ハンナラ党院内代表
  • 2002 ~民主化推進協議会共同理事長
  • 2002 ~(財)平和と繁栄のための世界韓民族共同体財団総裁
  • 1998 ~ 2006(社)梅軒尹奉吉義士記念事業会会長
  • 1997第15代大統領選挙新韓国党候補の党内選挙出馬
  • 1993 ~(社)世界韓国人商工人総連合会理事長
  • 1993, 1996政務第1長官
  • 1988 ~ 2008第13〜17代国会議員(5選)
  • 1985民主化闘争で4回拘束、

     金泳三・金大中氏と政治解禁(最後の14人中の一人)される

  • 1984民主化推進協議会企画調整室長
  • 1979金泳三新民党総裁秘書室長
  • 1964ソウル大学総学生会長と文理大生徒会長

★ ご覧になった情報に満足ですか。